我儘をなくして小学校受験の対策を取ること

我儘に育てられている子供では、いつまでたっても聞きわけなのない子供もいますし、反対に何でも言うことを聞く子供もいます。小学校受験ではどのような子供も合格すると入学することができますが、勉強だけの知識をもっていても落ちてしまうこともあります。いろいろな面で、将来的な資質をもっていることで合格するということがわかります。そして、子供の性格というのが出てきますが、基本的な社会性を身につけるためには、集団生活というのはどのようなものであるのか、経験させることで理解してきます。小学校では先生の言うことを聞くことによって、より勉強が楽しくなったり、自分にとって気持のいいということがわかってくると、より話を聞くようになります。小学校受験の対策としては、まず話を聞けるような子供になること、我慢することができるようになることがあります。

小学校受験の対策にはイマジネーションをつけること

小学校受験の対策をしていくには、専門的なことも教えていくことです。テスト問題の解き方などは知識だけではどうすることもできない、受験のテクニックになります。一般的な受験は、テスト用紙が配布されて問題を読んで一つ一つ回答していきますが、小学校受験ではまた違った問題文になります。試験官が問題を口頭で話したりしますので、問題をイメージして自分のイマジネーションを駆使して問題を解いていくことが必要になりますし、何よりも話を聞く能力というのが重要になります。音声テープで問題を流していくこともありますので、1語1句聞き逃さないようにして問題を解くテクニックが必要になります。音声テープなどは、自分の耳で聞いて解釈をしていくことによって、少しずれたりすると問題の本質がわからなくなってしまいますので、前もって準備が必要です。

レベルの高い小学校受験の対策

小学校受験の対策では、試験官が問題を話していき、そこから解いていかなくてはいけないこともあります。その他にも音声テープで問題を流し、1語1句聞き逃さないようにして問題を解くスキルも大事です。問題の中には、2分以上の長文を聴いてから問題に回答しなければいけない小学校もあるので、その学校に寄っての独特な問題が決まっています。そういった意味では、どんなに知識をもっている大人でも、小学校の受験というのは大変になります。それが子供たちがやるのですから、思っている以上に受験というのは大変だということを、親御さんは自覚することです。以上にあげた高度な問題を6歳の幼児が付け焼刃的に身に付けたレベルでは、一問も解くことは出来ないということも珍しいことではなく、子供に劣等感を植え付けさせないように専門に学習することです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)